お知らせ

2016年4月:【NEW】石井逸郎弁護士と桜井康統弁護士が関わった、
      韓国の民事保全支援制度に関する調査研究報告書(トピックス)が、
      日弁連法務研究財団の紀要「法と実務」第12号 に、掲載されました。

2016年4月:【NEW】4月11日より業務終了時間が、6時から5時30分に変わります。

      【NEW】福山洋子弁護士が、
      平成27年度第二東京弁護士会副会長の任務を3月末で終了し、
      4月1日より通常勤務を開始しました。

2016年1月:トピックス に、橋本佳代子弁護士の
      特集/判例にみる女性労働:「上司がセクハラ 問われた企業責任」
      特集/判例にみる女性労働:「『産休・時短勤務で賞与ゼロ』は違法」
      ひろばユニオン 2016年1月(労働者学習センター)を、掲載しました。

2015年8月:石井逸郎弁護士が
      昨年(2014年)5月8日に就任して以来、携わってきた
      『学校法人ロザリオ学園・西条聖マリア幼稚園管理下における園児溺死事件に関し
      学校安全管理上の問題を検証する第三者委員会』において、
      本年8月20日、『調査報告書』が公表されました。

2015年7月:7月1日に四谷3丁目に移転しました。
      【新事務所】 
      〒160-0004
      東京都新宿区四谷4-3-12 第12大鉄ビル2階(1階「ヤマト宅急便センター」)
      ※電話番号・FAX番号も変更となりました。
      (電話 03-5366-6311(代)・FAX 03-5366-6320)
      東京メトロ丸ノ内線 「四谷三丁目駅」2番出口 徒歩3分

2015年3月:橋本佳代子弁護士の
      ・「マタニティーハラスメント 泣き寝入りせず相談を」(トピックス)が、
        産経新聞 2015.3.16 朝刊 に、掲載されました。

2015年3月:橋本佳代子弁護士の
      ・「妊娠中の外国人女性解雇事件
        (マタニティ・ハラスメント-均等法9条4項を根拠に闘う)」が、
        労働法律旬報 No.1835 3月上旬号(2015.3月号) に、掲載されました。

2015年2月:橋本佳代子弁護士の
      ・「働く人の法律相談:職場が寒すぎて体調不良」(トピックス)が、
        朝日新聞 2015.1.19 夕刊 に、
      ・「働く人の法律相談:お歳暮のノルマ 買い取るべき?」(トピックス)が、
        朝日新聞 2015.1.5 夕刊 に、掲載されました。

2015年2月:トピックス に、小川英郎弁護士の
      「労働時間指令 特集:解説・EU労働指令「労働時間規制 日欧の彼我」
       ひろばユニオン 2015.1(労働者学習センター)を、掲載しました。

2015年2月:小川英郎弁護士紹介ページ、執筆等【著作・翻訳】
      小川英郎弁護士の出版物、掲載記事のご紹介ページ に、
      「会社で起きている事の7割は法律違反」共著(朝日新書)を、掲載しました。

▸2014年のお知らせは こちら >>>
▸2013年のお知らせは こちら >>>
▸2012年のお知らせは こちら >>>

ウェール法律事務所とは

 当事務所は、どなたでも気軽に相談できる市民のための法律事務所を目指して、2000年4月に設立し、16年目になりました。
 「ウェール」とは、ラテン語で「春」という意味です。
 2003年7月、事務所を現住所地に移転して規模を拡大し、現在、弁護士8名の体制となりました。
 所属弁護士は、得意分野、関心分野が異なり、それぞれの分野で活動していますが、全員が、弁護士会活動や人権課題に取り組んでいます。

ウェール法律事務所

事務所の概要

事 務 所 東京都新宿区四谷4-3-12 第12大鉄ビル2階
ウェール法律事務所
電   話:03-5366-6311(代表)
ファックス:03-5366-6320
E メール :ver-law@qk9.so-net.ne.jp
設  立 2000年4月1日
所員構成 弁護士 :8名
事務職員:5名